FC2ブログ
2ヶ月ぶりの記事
- 2018/10/08(Mon) -
MKY+関羽


  随分久しぶりとなりましたけど、ブログ再開致します。(再開と言ってもさぼっていただけ)

昨日今期、2本目の交換を始めました。期待の関羽、MKYの8割方食痕のある個体で
(ウンチ写してすみません!)
90日にも満たない交換ですが、2本目でも沢山食べてくれる期待を込めての交換です。
残念ながら30g手前でしたが、まずまずのグラムの乗りです。
今期から購入先の神長さんがオオヒラタケからカンタケに変更すると言う事で、
初めてのカンタケ使用で、最初はどんな菌種なのかよく分かりませんでしたが、極太羽化も
実証済みのようで、僕の今期の期待幼虫はカンタケに投入済です。カンタケ菌はカワラの
ように固い菌では無く、スプーンで掘る時はオオヒラタケと変わらない気がします。
2本目は31Kに投入しましたので、どうか春まで暴れずに羽化を願います。

1.jpg

ホペイ セブンオークス血統

   今期も羽化個体の出品を始めました。(毎年10月位~です。)
上の個体出品してますのでよろしくお願いします。
今回は皇帝×張飛です。同腹で20頭近く羽化しました、結構美形が多く羽化してます。
スポンサーサイト
この記事のURL | ホペイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
最近の羽化個体達
- 2018/07/29(Sun) -
ブログ用
   台風は何となく過ぎ去って、来る前は予想できない台風と言われてましたけど、
僕の住む地方には全く被害はありませんでした。本日も午後からいつものクワ作業をしてまして
台風の風が強く、涼しい中で作業が出来ました。

  ホペイ以外で最近羽化した個体君がいます。上の画像は、前の記事でもありました、三重県産の
ミヤマクワガタです。2016年に採取したメス個体からの羽化で、体長は70mmです。もう少し
羽化時期を延ばせたら数ミリ大きかったかもしれません、やはり2年以上掛けないと大型は望めないのを
実感します。まだ割出していない20g前後の個体がいるので、73mm位が1頭でも出て欲しい所です。
下の個体は壱岐産の国産ノコギリで、1年羽化なので65mmと小さ目です。ミヤマやノコって羽化ズレ
するので本当に累代が難しいです。人気が無いのもあるけど、ホペイのようにF10とかまで
やってる人なんて聞いたことないですね。もう少し僕の管理能力があれば、累代して75mmとか
出したいけど、まぁ出来る所まで頑張ってみます。

この記事のURL | 国産クワガタ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
久ぶりの採取決行
- 2018/07/16(Mon) -
採取ミヤマ
  梅雨も明けて、名古屋近辺では毎日のように猛暑日が続いています。体も暑さに慣れて
きてますけど、毎日この調子だと疲れてしまいそうです。

 今日は、ほぼ年1回の採取日で、2年ぶりに幼馴染のクワ友さんと、お子さんを連れ出して
山へ出掛けました。ボーズだったらどうしようと多少のプレッシャーを感じながらの採取でしたが、
結果はミヤマ10頭位、オニヤンマ1頭、ノコギリ1頭採取出来、クワ友のお子さんにも喜んで
もらい、歩き疲れたけど満足できた1日でした。    採取する度にミヤマって不思議なクワガタ
だと感じます。オオクワやヒラタとは違い、昼間暑い中でも平気な姿で木に止まっていて、樹液が
ダラダラと出ている木には殆ど居なくて、あまり樹液の出ていない木に数ペアー止まっていました。
幼虫回収も高い温度帯だと全く産みませんが、少し温度を落とすだけで、2年前は40頭近く
回収出来ています。その幼虫達もそろそろ羽化の時期を迎えていて、最大で21gの個体が
居ましたので、多分70mmは超えてくるかなと夢を膨らませています。

  今回取した中で、40mmの大型メスがいて、この個体から次の世代へ累代出来たらと
考えています。

この記事のURL | 国産クワガタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
羽化個体達
- 2018/07/08(Sun) -

   1ヶ月ぶりの更新となりました。本日は穏やかに晴れて、先週までの梅雨空が
嘘のような天気でした。我が家の今期羽化個体達も出揃って、あとは数頭残すのみと
なりました。

   上の個体は、僕のオリジナル個体で、張飛とL327が3:1の割合で混ざっている
セブンオークス様血統です。累代はCBF2で、74mm、顎は6.2mm  形は気に入って
いて欲を言うと6.4位だったらもっとかっこ良いかな、、、
下は、鬼丸国綱 ピース様血統で見た感じはとてもゴツゴツしてて逆ハもあります。
この個体以外の兄弟たちは上の個体のような綺麗なボディで、顎も直線に伸びている
のが殆どでした。サイズは78mm6.5mm   今期羽化の個体ではこの個体が
一番の顎幅です。

      今年の羽化個体は菌糸の自分詰めが無かった為か、羽化不全、羽化前の
死亡が先期よりかなり減ったのが良かった点で、自分で菌糸を詰めていない分
時短に繋がりましたけど、当然ですがその分飼育代金が掛かるので、どちらが良いか
微妙ですけど、一度楽をしてしまうと、では今年も既製品でと思っているこの頃です。
この記事のURL | ホペイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
只今羽化ラッシュ
- 2018/06/03(Sun) -
ブログ用
  6月に入り、我が家ではやっと羽化ラッシュで毎日のように極太で素晴らしい個体が羽化しています、、、、、、
と言いたい所ですが、相変わらず我が家では細くてショボい個体個体の連続ですよ。

  4月終わりの記事で紹介した蛹の羽化個体が上の画像です。
6.5位かと予測していましたが届かず6.4~で32gあったので体長は79mmと大型個体羽化です。
(実は血統名が不明)極太をいつも作出される方のブリードが終わったメスを購入して何とか回収できた
個体で、やはり我が家オリジナル血統とは違う風格が感じられます。

  下は我が家オリジナルで北峰同士のCBF1個体、短歯で綺麗な個体君と言った所で、数年まえ
だったら我が家では親種位のレベルですが今では多少レベルが上がってますので、もう少し良い個体を
使用予定です。
  
  今期の割り出しはまだまだ先になりそうで、あと2週間後やっと第一弾を予定してます。クワ友さん達は
既に大半の方が割り出しを成功されていて羨ましい所です。  昨日も産卵セットを確認して大体の個体が
良い削り方をしてるので、期待はしてますけど良い血統程産まない傾向があるので、産まないメスが
多いと親種の補強が必要かもですね。因みに今期のブリードは最初に、唯一の極太MKY♂とSAX♀の
掛け合わせ、 MKYのインライン、龍神さんの張飛、ATさんの関羽、BX×TT、宮崎産ヒラタ、アマミノコ、
地元産のミヤマと言った感じで、あとは昨年活躍したメスを2頭セットしてるけど、全く産む気なしで、産卵木に
自分の棲み家だけ作ってずっとまったりして動く気配すらありません、困った子達です。
この記事のURL | ホペイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>