国産ヒラタ 宮崎産
- 2017/09/18(Mon) -
NO1宮崎ヒラタ
  台風一過で今日は暑い一日でした。
台風が最接近してる時に、仕事の出動が入ってしまい、少しだけ仕事をしてきたので、少々昼間眠たかった
一日です。

今期羽化の個体達はそろそろオクに出品しようか迷っていて、保冷剤を入れなくてもよい季節に
なったら出品しようかと考えています。

  本日の画像は、宮崎産ヒラタで、購入してから2世代ブリードをして、だいぶ菌糸にも慣れてきて、サイズも
65mm超えがかなり出てきて、今期は70mmが2頭出ました。国産ヒラタではAと言う血統が大型血統で、オクにも
出回っています。たまに国産とは思えない程の大きさ、太さ、内歯の細かさ、、、、、長年国産ヒラタを見てきた
僕からすると信じられない形ですね。これ以上は語るのは止めておきますけど、僕は今まで見てきた通りの
国産ヒラタをサイズアップさせるのが趣味でやっています。国産オオはサイズアップさせるのにメスの存在が
大きいと聞きます。我が家のヒラタメスは最高で39mm、何とか40アップ出したいですけど、餌を十分に
食べてくれないし、加温するとすぐに蛹化しますよね、、、、、。
スポンサーサイト
この記事のURL | 国産クワガタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝晩涼しい日々
- 2017/09/03(Sun) -
ブログ用
   9月に入って少し秋らしくなったこの頃です。
朝晩はもう寒い位で、只今少し風邪気味です。虫部屋は夜になると24℃でいつもより低めの温度になってしまい、まだ当分は暖房にはしないつもりですけれど、前みたいに昼冷房、夜暖房にする日々が始まりそうです。

最近の僕は、仕事しかしていない日々で、休みは体を休ませて空いた時間で、クワ作業をする生活が続いています。生活がマンネリ化していてクワカブの情熱もやや落ち気味なので、何か新しいことを始めたいこの頃ですね。

上は北峰産 BXやTT等、北峰の極太が混じった血統です。72mmで顎は6.0mm結構お気に入りです。
下は今期ブリードに使用した宮崎産68mmです。先代のF1ではマット飼育で最高70mm、F2では菌糸飼育
のせいか70mmは届きませんでしたが、これからも菌糸慣れさせて73mmを目指しています。本土ノコで
73出したいですね。
この記事のURL | 国産クワガタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
8月もう20日
- 2017/08/20(Sun) -
ブログ用
   あまりに暑くて毎年の如く何もしたくない病が発生中です。
この時期クワ作業は繁忙期ですぐに掘り出した容器や、成虫の容器替えなど洗い物も溜まりがちで、洗い物の山を
見てしまうとテンションダウン、、、で洗い物をしてると蚊に刺されまたテンションダウン、、、さぁ、テンション上げて頑張ろう!

本日の個体君は、このシーズン最後に羽化した個体で名前はBX系とTT18Aを掛け合わせた北峰です。先日まで
噂になっていた(我が家だけですけど) MKYと形状が似ていたので混ざったかなと、ラベルを確認しましたが、割り出しが
全く違う時期だったので一安心でした。でサイズはと言うと79mm、顎は6,6mm 我が家ではかなりの個体で、MKY
以外では最高の個体と言えるでしょう。 今シーズン羽化の個体達はMKYを除いて見どころのない個体が多かったので、
ちょっとした希望です。
この記事のURL | ホーペ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お尻の具合
- 2017/07/21(Fri) -

羽根の具合はこんなかんじです。あと下のオスは72mm5.8mmのMKY君です。こちらもまあまあだけど、
他のMKYと」比べてしまうと見劣りします。
この記事のURL | ホーペ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏休み到来
- 2017/07/21(Fri) -
MKY NO2個体
この時期やっと暑さにも慣れてきた頃です。
先日は、近場の山へミヤマ採取へ行きましたが、見事ボーズでした。時期が少し早かったのと、雨上がりで木の幹がかなり
濡れていたので、何処かに隠れてしまったのでしょうね。

さて本日の個体、またまたMKYで、この個体がNO2個体です。72mmで顎は6.5mmありまして、画像よりも実物のほうが
断然迫力があります。あまり極太を強調しないで写してますのでこんな感じで、ギリ羽根パカか、ギリ羽根パカでないか何とも言えない個体です。あとでお尻の画像アップします。
この記事のURL | ホーペ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>