ブリードの準備
- 2018/02/12(Mon) -
ブログ用
   2月も半ばに入り、4月からのブリードに向けて少し準備を始めた本日です。
下の画像は、ログハウス下の物置スペースから冬眠個体を確認している所で、昨年ブリードに活躍した親種や、
国産ヒラタ等が冬眠中です。6月位までには昨年羽化個体達はオクに出したいので、ヒラタは1ペアー出品し、
ホペイはまだ沢山出品出来る個体が居ますので、今後は週3品出品で忙しくなりそうです。

ヒラタは何とか70mmオーバーも出る血統でこれからも続ける予定です。昨年は羽化後2年のメスが
産んでくれたので、これからは毎年ブリード可能です。オオクワのようにもっと菌糸を沢山たべてくれると
やりがいがでるけど、830ccボトルに投入しても半分も食べてくれなくて、暴れ出すので困っていますよ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 国産クワガタ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
地元産ミヤママット交換
- 2018/01/08(Mon) -
三重県ミヤマ21g
  最近はクワ作業が少なく、ホペイ達も落ち着いている時期なので国産ミヤマの話題で、
三重県の山で採取したミヤマメスの持腹から産卵した幼虫です。1年くらい前に割り出しして夏をワインクーラーで
過ごしたため、まだ体色は白く伸びしろがありそうで、21gなので今後順調に育てば70mmオーバーは
間違いないはずです。ミヤマは産卵させるまでが本当に苦労する種で、今までは夏に採取し、すぐに産卵セット
を組んでましたけど、秋になって少し気温が下がってからのほうが産みやすいかもしれません。25℃では
無理で、20℃~23℃位が適温でしょうね。

以前宮崎産ミヤマで18gで73mmで羽化したので、20gオーバーは期待大です。20gオーバーは2頭
17~19gが10数頭居ますので、夏に蛹化しないよう管理して良い結果を出したい所です。
この記事のURL | 国産クワガタ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年の始まり
- 2018/01/01(Mon) -

  新年あけましておめでとうございます。
昨年は、ブログやオークションで大変おせわになりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  2018年どんな年になるのでしょう、個人的にはやはりもう少し本業の負担が減って、余裕のある
生活が送れたらいいなと思っています。状況的にはどうかなと感じてしまうこの頃ですけど、
もう少し頑張ってみます。

  本日は、新年早々我が家のクワ部屋紹介です。上の画像は入り口とボトル交換をする作業場で、
大体この入り口付近で立ち仕事している時間が多いです。真ん中の画像は入り口から全体を見渡していて
真ん中より左にスチール棚が2つあり手前と奥ではビニールで仕切られていて奥はエアコンで温度管理
してるので、最近の温度は18~22℃位で、手前の棚は6~18℃位です。手前の棚は外気温度で左右
され、寒い朝は6℃、最近でも日が照っている昼間は20℃近くまで上昇します。当然ですが、奥の棚に
2017年孵化幼虫が菌糸管理され、手前は2017年羽化の成虫が居ます。右の奥に少し見えずらいけど、
ワインクーラーがありミヤマ、キヨタミ、ノコが居ます。今は冬であまりクワ作業が無いので、綺麗に
整頓出来ますけど、夏はあまりにも忙しく物も多く汚いのでまるでゴミ屋敷です。今度ゴミ屋敷の
画像をアップするよていです。(もちろん冗談ですよ!)

  一番下の画像は12月30~31日に夜釣りをしました。セイゴ、穴子、カサゴ等釣れて楽しい
時間を過ごしました。只かなり寒いので、当たりが無くて暇になると辛いです。釣り友は31日も釣り場で
過ごし年明けするって言ってましたので、すごい根性の持ち主です。あっぱれですね。今更ですけど、
釣りも趣味でして、ボーズだと恥ずかしいので、沢山釣れた時だけ、アップの予定です。こんな
僕ですけど、どうぞよろしくお願いします。

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今年もあと1週間
- 2017/12/24(Sun) -
サイズブログ用
早いもので、今年も一週間を残すのみとなりました。
クワ作業は夏に比べれば随分楽になり、思い返せば夏にもっときちんと管理してれば、
もっと良かったのにと毎年の如く考えているこの頃です。

やり残したことと言うかやれなかったことは、宮崎産のミヤマの産卵で、ペアリング中にメスが挟まれて★に
あとは宮崎産のノコギリメスが産卵しなくて血統を残せれませんでした。オスの顎を縛る、メスを複数使用する
等、いくらでも対策はあった筈ですけど、やはり忙しいと疎かになってしまう僕です。

ホペイの方は飼育数オーバー感はあるけど何とか1本目は大体交換し、今は安定している状態で、春の
蛹化まで静かに過ごしてもらっています。今年は飼育が家の中からログハウスに移動したので、いつもと
勝手が違い温度管理には苦労しましたけど、羽化、産卵、1本目の体重ともに一通り経験し
ログハウスの環境でやっていけそうな感じを掴みました。 本日の画像はSAXでホペイを好きになった
きっかけの血統です。形状は安定してるけど、6.0mm以上の太いのが出ないので、セブンオークスの
血統を入れて改良中で、春頃期待の個体が羽化予定で早く良い報告をしたい所です。
この記事のURL | ホペイ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
いつの間にか12月
- 2017/12/04(Mon) -
NO1ブログ用
  12月になり真冬に近づいてるのを感じています。明日は今日よりも寒くなり、岐阜の方では雪かもと
言われています。

  なんだか月に1回しかブログの更新をしていないこの頃ですが、クワ作業自体は、結構
進んでいます。最近では夏程作業がないので、じっくり個体達を観察できるし、この幼虫はもっと
暖かい場所へ、この幼虫は暴れ気味なので温度の低い所とか考える余裕が出来ました。

  今期のブリードでは自分詰めの菌糸は止めて、全て購入品です。年のせいか堅詰めする
気力も時間もなく、あと既製品の空きボトルを出品すれば多少のボトル代にもと思っています。
その代わりメスの2本目は菌糸ではなくてマットを使用していますので、その分飼育代金を
浮かせています。  本日の画像は、珍しく国産オオでG48と阿修羅を掛け合わせた個体で
2本目交換時18gだったので期待薄でしたが、なんとか74mm顎6.0mmまで成長して
くれました。今は少しクワ作業を休眠している僕のクワ友が阿修羅を送ってくれたおかげで
作出出来た血統です。

この記事のURL | 国産極太 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>